スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【バケツ稲】 種まき

芽だししていた種もみがだいぶ発芽したので、ついにバケツに種を撒きました。

↓これが発芽した種もみです。
IMG_6386_s.jpg


まずは乾かしていた土をバケツに移します。
IMG_6379_s.jpg


マニュアルでは15リットル以上のバケツが推奨されていますが、100円ショップには最大10リットルものしかなかったので10リットルでチャレンジです。
バケツの個数は、だいたいバケツ3杯くらいでお茶碗1杯分の米がとれるということなので、4つ使うことにしました(どんぶり1杯分くらいかな?)。
ところで合計40リットル分の土を乾かしていたはずなのですが、バケツに入れてみるとなぜか10リットル分くらい足りなくなっていたので急遽追加しました。水分が蒸発したせいでしょうか。

それはさておき、次に種もみとセットでついてきた肥料と混ぜ合わせ、水を土がヒタヒタになるまで入れます。
ちなみに水には風呂の残り湯を利用しました。

そして穴をあけて種もみを入れ、土をかぶせます。
各バケツに撒く種もみは20個ずつくらいです(あとで間引いて4~5本だけ残すことになります)。

↓種もみを入れたところを上から見た図
IMG_6388_s.jpg


↓土をかぶせた全体図
IMG_6392_s.jpg

ところどころに見える白い塊は、大粒の鹿沼土です。

今日は午後から雨が降ってきました。
庭にバケツ稲を置いておくと、家の中からバケツの水面を見れば雨が降っているかどうかがすぐにわかって便利です。

さて、鳥とボウフラ対策を考えなければ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sitemiru.blog31.fc2.com/tb.php/71-4b6ae2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。