スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作ってみる - 水がいっぱいになったら止まるバスポンプ

バスポンプで水がいっぱいになったら止まる仕組みを作りました。

今日は特許明細書風に書いてみましょう。

【従来技術】
最近の洗濯機には風呂の残り湯を吸い上げて再利用するためのバスポンプがついているそうですが、我が家の洗濯機にはついていません。なので電気屋で買ってきたバスポンプを使っています。
このバスポンプ、ほとんどのユーザは、水をポンプで汲んでいる間は他のことをやっていると思います。

【課題】
しかしながらほとんどのバスポンプには「水がいっぱいになったら止まる」という機能がありません。
(ホームセンターを探したところ、タイマーで時間を指定して止めるものはありましたが、水の量を感知して止まるものはありませんでした。)
そのため、時間を気にして他のことがたいしてできなかったり、ポンプを動かしていることを忘れてしまったり、そろそろと思って戻ってみたけどまだ水が溜まりきってなかったりします。

【解決方法】
水位センサをつけて、ある水位まで水がたまったらバスポンプの電源を自動的にOFFにするような装置(リレー)をつけます。

【実施例】

・全体図

IMG_6178_s.jpg


・水位センサ

IMG_6179_s.jpg

オーディオでよく使うRCA端子で水を検知します。
洗濯機にはとりあえずガムテープでくっつけています。

・回路部分

上の全体図の写真でいうと左上の棚の上に、タッパに入った基板があります。

IMG_6175_s.jpg

中身はこんな感じ。

IMG_6182_s.jpg

ここを自作したかったのですが、
水位センサキット SU-11
というものを買ってきて使っています。

・コンセント部分

IMG_6176_s.jpg

下は洗濯機で普通に使ってます。
上は、白がバスポンプのコンセントで、黒が今回作った装置による割り込みACコンセントです。

実験結果は大成功。
ちゃーんといい感じの水位まで水が溜まったときにストンとバスポンプの電源が切れました。

[使った道具]
・水位センサキット SU-11
・はんだごて
・単3×4電池
・単3×4電池ボックス[平型] (AP-134)
・ACコンセントコード (AP-903)
・タッパ
・タッパに穴を開ける道具(電動ドリルなど)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sitemiru.blog31.fc2.com/tb.php/58-3bddae54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。