スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作ってみる - ぬか漬け (1)

"ぬかどこ"も、味噌作りと同時期にパルシステムで注文してみました。

ぬか漬け001


原材料名:米ぬか、食塩、昆布、唐辛子、ビール酵母
内容量:1kg
みたけ食品工業(株)
とあります。

こちらは知らない間に妻が野菜を切って漬けてくれていました。
というわけてここ数日の朝食にはぬか漬けしたキュウリやカブが出てきます。
余った野菜の使い道にもってこいだそうです。

写真の袋は上がチャックになっていて、そのまま野菜を放り込めます。
封を開けると、かすかにアルコールのにおいが漂います。
ぬかどこからアルコールのにおいがしたら酸素が少ない証拠らしいので、そのたびにかきまぜます。

(以下参考本の紹介です)

発酵は錬金術である (新潮選書)発酵は錬金術である (新潮選書)
(2005/11)
小泉 武夫

商品詳細を見る


酵素反応のしくみ―現代化学の最大の謎をさぐる (ブルーバックス)酵素反応のしくみ―現代化学の最大の謎をさぐる (ブルーバックス)
(1996/12)
藤本 大三郎

商品詳細を見る


もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sitemiru.blog31.fc2.com/tb.php/11-7e7701bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。